晩ご飯

いつまでも暑いですね。




オットは体力を使う仕事ですから、夏は特に食事に気を遣います。
(私なりに、という意味で、特別すごいものを作ったりしてるワケではないです)



夏の我が家の食卓によく登場するのが、うなぎ。
私は苦手で食べられませんが、オットの大好物。
しかし、ホントに高くなっちゃった、うなぎさん。
よく購入する魚屋さんでは、何年か前まで980円で
売ってることもあったのに、今年は通常価格1,980円!です。
しかも、去年まで一緒にパックされていたうなぎのタレもついていない…
大打撃ですが、仕方ありません。
私がうなぎ嫌いなのが、お財布にとってのせめてもの救いです。




さて、そのうなぎが登場した昨日の晩ご飯。
a0317055_14545129.jpg



ちぎった焼き海苔を散らしたうな丼、シジミのお味噌汁、小松菜のお浸し、ゴーヤーチャンプルー、なすと万願寺唐辛子の揚げ浸し、など。




小松菜はあの独特の味が大好きなのと、えぐみも少ないのとで、
ほうれん草よりよく買います。
ゴーヤーチャンプルーは魚の缶詰と炒めるのがマイブーム。
昨日はさんまの蒲焼缶と。ゴーヤー丸ごと一本使ったら、
缶詰だけでは味が少し薄かったので、麺つゆを少しだけタラリ。
揚げ浸しは、帰りに寄ったスーパーで山盛りのナスが88円と激安だったので急遽作りました。
油をすってトロンとなったところが最高に美味しいけれど、カロリーが…!!
[PR]



# by kaerunoamayadori | 2013-08-21 13:32 | ごはん

晩酌

a0317055_15291422.jpg




まぁ、毎日ではありませんが(いや、ほぼ毎日と言ったほうがいいのか…)、
お酒を飲みます。すみません(なぜか沸き起こる罪悪感)。





基本的にビール系。
今日は飲むよー、という日も、まずは最初にビール系を頂いて、そのあとでワインや焼酎や日本酒などに移ることが多いです。




その、最初の一杯目を飾るビール(系。しつこいけど)の中では、
サッポロビールをこよなく愛しております。
黒ラベル、エビスはもちろんのこと、北海道生搾り、麦とホップ、北海道Premium、etc.
サッポロビールのトレードマーク、燦然と輝く金の星を見る度に、私の心はドキドキワクワク072.gif




そもそも、あのお星様のマークは我が故郷・北海道を拓いた「北海道開拓使」のシンボルマーク。
今やガッカリ観光スポットとしてお馴染みの札幌時計台にも星がついてますし、函館五稜郭も星のカタチ。
サッポロビールの前身、開拓使麦酒醸造所時代から星のマークは使われているのです。




てなワケで、私にとっては故郷の象徴であるサッポロビール。
昨日、仕事帰りに寄ったスーパーで期間限定の「富良野の秋」という商品を見つけさっそく味見。
(これ、ジャンルでいうとリキュールです。)
味の感想としては「濃い〜!美味しいじゃん」。
舌の肥えたビール党の方には、「リキュール」という時点でお勧めできませんが、そうでない方なら一度お試しあれ〜。




今、サッポロのHPを確認したら、発売日は8/21となっていました。
おお、2日も早く飲めた001.gif
そして、キャッチフレーズは『まろやかリッチ』。
うん、まさにそんな感じデス003.gif
[PR]



# by kaerunoamayadori | 2013-08-20 14:49 | 美味しいもの

晩ご飯

a0317055_1153157.jpg

小皿が多くてラタンのランチョンマットに全部乗らない…
選択ミスでした039.gif
しかも、影が写り込んで…(笑)




夏は暑いので、ダイニングテーブルではなく、テレビの前・エアコンのすぐ下にあるコーヒーテーブルでご飯を食べます。
しかもオットの帰りが遅いので、別々に食べてます。
写真に撮るのはたいていオットの食事です。




さて、昨日の晩ご飯。
鶏胸肉を使った酢豚ならぬ酢鶏、小松菜お浸し、糸こんにゃくのきんぴら、ポテトサラダ、冷やしトマト、お味噌汁と麦入りご飯。




最近、ご飯に押し麦を入れて炊いています。
オットは五穀米などを嫌がるので、麦もダメかなぁ、と不安でしたが、
ぷにぷにしてて美味しい、これは大丈夫、との事。良かった♪
毎日食べるご飯で手軽に食物繊維が摂れるので有難いです。




酢鶏の味付けはヨシダソースで。
ちょうど残り少なくなっていたので、容器に直接、すし酢を足してジャカジャカ振ったら簡単甘酢タレの出来上がり。(ケチャップを足す事もアリ)



ポテトサラダは、茹でて潰したじゃがいもに、玉ねぎスライスとポークリエットを加え、コショウ、マスタード、ワインビネガー少々で味付けしてみました。
ポークリエットは、連休中のお酒のおつまみにと、奮発してメツゲライクスダのを買ってあったのですが、意外と食べられずに残っていたのを使いました。思いつきの割には美味しかったデス。
[PR]



# by kaerunoamayadori | 2013-08-19 10:42 | ごはん

枝豆

一週間の夏休みも今日でおしまい。
あー、あっという間だった…


休みに入った直後に届いた枝豆。
a0317055_19312962.jpg


とうもろこしと同じ農園に、春に注文しておいたものです。
休みで時間があったので、箱に入っていたパンフレットのオススメ通りに茹でることに。


1.水洗い
2.鞘の両側をハサミでカット
3.塩で揉みうぶ毛を取ったら30分放置
4.水から茹でる
5.アクを丁寧に取りながら、沸騰後、強火で3分茹でる
a0317055_19313085.jpg



おぉ、疲れた…
鞘の両側をカットするのはしんどい。
途中、疲れて手元が危うくなった時に、間違って指までカットしなくて良かった。
ここまで一生懸命やったけど、普通に茹でるのと違いがイマイチはっきりしなかったです。
残念なのは、枝豆か、私の舌か…
[PR]



# by kaerunoamayadori | 2013-08-18 19:21 | 美味しいもの

終戦のエンペラー

レディースデーを利用して観た二本の映画のもう一本です。
マッカーサーと並んだ昭和天皇の写真、その写真を撮るに至るまでの経緯。戦争を終わらせるという事、傷付いた国を立ち直らせるという事。アメリカ人から見た当時の日本人観が描かれていました。



終戦前後の出来事って、なんとなく知ってるつもりでいたけれど、意外と知らないかも、というのが率直な感想。
敗戦と降伏を告げる玉音放送。この放送を阻止するために昭和天皇の命さえも狙ったクーデターが起きていたこととか、
マッカーサーが大統領選に出馬していたとか(日本統治の成功をお土産に)、昭和天皇は敗戦後、この戦争における日本側の全責任を負うつもりであったとか。
これって、知ってて当然の事なんでしょうか…、だとしたら、お恥ずかしい話っす…



それはさておき、映画を観て
「やっぱり日本人っていいな」
という思いが仄かに湧くと同時に、
この日本が、日本人が、
『他人のモノを奪ってでも国を大きくしたい』
という妄想に取り憑かれた事があるという事実を再認識し、改めて驚きを感じました。




もう戦争が終わって70年近く経とうとしています。
私が子供の頃は、終戦の日には民放でも戦争の悲惨さを伝える様な番組がゴールデンタイムに放送されていたような記憶があります(定かではないけど)。
子供心にとても恐ろしく、もう絶対に戦争なんてしちゃいけない!と、
強く思ったものですが、現在はあまりそんな番組をやってませんね。
「戦争は恐ろしい」
ということをいつまでも忘れないための番組を、夜中とかじゃなくて、もっと家族で観られる時間に放送して欲しいものです。



面白い!と声高に叫ぶ気持ちにはそれほどなりませんが、
観終わった後、すぐには忘れられない様な映画でした。
[PR]



# by kaerunoamayadori | 2013-08-16 11:00 | 映画・ドラマ

日々の暮らしの覚え書きデス☆
by kaerunoamayadori
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

我が家の夏が始まってます
at 2017-07-11 12:40
ここ最近の晩ご飯
at 2017-06-11 09:23
高知・春
at 2017-06-05 12:42
蔵出しワインバーin大阪
at 2017-06-04 19:58
5月、どこ行った
at 2017-05-31 13:12

外部リンク

検索